2012年6月13日

新しい島嶼学

2012年6月16日 国際シンポジウム『SOCIAL CAPITAL AND HEALTH ~Haw can we learn from the evidence of social epideminology~』 開催

【日時】
2012年6月16日(土) 14時30分~17時45分
【場所】
沖縄県立博物館・美術館 一階美術館講座室
【主催】
国際沖縄研究所「新しい島嶼学の創造」プロジェクト
【予約不要・参加無料】

 

【プログラム】

  • 14:30 Opening Remarks
  • 14:40-16:20
  • Dr. Soshi Takao(The University of Okayama)
  • “Overview of SC and health Study in the world and Japan”
  • 高尾総司(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科)
  • 「ソーシャルキャピタルと健康研究の潮流」
  • Dr. jussi Vahtera (University of Turk)
  • “Area of residence and mortality -Does the choice of spatial unit matter?”
  • 「居住地域と死亡率の関係~地域の単位をどう考えるか?」
  • Dr. Tuula Okasanen(Finish Institute of Occupational Health)
  • “Social Capital and health in WorlPlace”
  • 「職場のソーシャル・キャピタルと健康」
  • Dr. Katsunori Kondo (Nihon Fukushi University)
  • “Social Capital and Communities”
  • 近藤克則(日本福祉大学大学院)
  • 「地域におけるソーシャル・キャピタルと健康」
  • Dr. Hidemi Todoriki (University of the Ryukyus)
  • “The Nutrition Transition in Postwar Okinawa: Evidence for an Impact on Post-War Generations of Okinawas”
  • 等々力英美(琉球大学医学研究科)
  • 「戦後沖縄における栄養転換と健康影響」
  • 16:20-16:40 Break
  • 16:40-17:20 Symposium
  • “Social Capital and Health research in Japan and its applications to Okinawa”
  • 17:20 Closing Remarks

 

islands120616


TOP