2012年1月20日

新しい島嶼学

2012年2月3日 IIOSレクチャーシリーズ2011 第八回『21世紀を生きるオセアニアの人びと』 開催

国際沖縄研究所レクチャーシリーズ2011<
第8回 「21世紀を生きるオセアニアの人びと」

国際沖縄研究所レクチャーシリーズ第8回として、国立民族学博物館館長の須藤健一先生をお招きして、講演会を開催します。皆さま、どうぞ奮ってご参加ください。

~オセアニアの人びとは、①祖先からの知識と技術を生かす社会、②海外移住と送金に依存する社会、③資源の自主的開発を行う社会など、「持続的発展」の戦略は多様だ…島嶼国と人びとの安定した生活と希望ある未来とは?「新しい島嶼学」としての「身の丈論」について考えてみよう。~

『21世紀を生きるオセアニアの人びと-島嶼研究の現状と展望-』

日時:2月3日(金) 18:00~19:30
場所:てんぶす那覇4F テンブスホール
講師:須藤健一(国立民族学博物館館長)
※参加無料  お問合わせ:098-895-8475

【プロフィール】
須藤健一(すどう・けんいち)
東京都立大学院社会科学研究科(社会人類学専攻)博士課程単位取得。国立民族学博物館助手、助教授を経て神戸大学国際文化学部教授・学部長、神戸大学大学院国際文化学研究科教授、神戸大学付属図書館長等を歴任。2009年より、民族学博物館館長に就任。オセアニアにおける伝統政治と民主主義に関する人類学的研究を行っている。

islands120203


TOP