2019年2月20日

自律型島嶼社会モデル

2019年3月1日 RIIS国際シンポジウム「自律型島嶼社会の創生に向けた『島嶼地域科学』の体系化」開催

「島嶼地域科学」という新しい学問分野の体系化に向けた国際シンポジウム。

島嶼を対象とした研究報告に加え、

1)「島嶼性」をどう捉えるか、2)島嶼への研究アプローチ、3)Critical Island Studiesの課題と展望、のテーマに沿って議論を展開します。

 


 

【日時】
2019年3月1日(金) 10:30-17:00
【場所】
沖縄県立博物館・美術館 1階 博物館講座室
【主催】
琉球大学島嶼地域科学研究所
【予約不要・参加無料】
【使用言語】
英語/日本語(同時通訳あり)

【プログラム】

  • 開会の辞
  •  藤田 陽子(琉球大学島嶼地域科学研究所 所長)
  • ≪セッション≫
  • 研究報告1
  • Ronni Alexander(Professor, Kobe University)
  • Island as Safe Havens: Thinking about Security and Safety on Gåhan/Guam
  • 研究報告2
  • Elizabeth DeLoughrey(Professor, University of California, Los Angeles)
  • Island Studies & US Militarism of the Pacific
  • 研究報告3
  • James E. Randall(Professor, University of Prince Edward Island)
  • Island Studies in the Academy: The State of This Interdisciplinary Field
  • 研究報告4
  • 波多野 想(琉球大学国際地域創造学部 教授)
  • 批判的島嶼研究における文化遺産/文化的景観というパースペクティブ
  • 研究報告5
  • 狩俣 繁久(琉球大学島嶼地域科学研究所 教授)
  • 琉球語研究における系統樹研究の可能性
  • ≪ディスカッション≫
  • ファシリテーター:宜野座 綾乃(琉球大学島嶼地域科学研究所 准教授)
  • パネリスト:Ronni Alexander、Elizabeth DeLoughrey、James E. Randall、波多野 想、狩俣 繁久
  • 総括・閉会の辞
  •  西田 睦(琉球大学 理事・副学長(研究・企画戦略担当))
  • 総合司会:酒井アルベルト清(琉球大学国際地域創造学部 准教授)

 

ポスター・ダウンロード用(pdf: 0.6MB)

jiritsu190301


TOP