2019年2月27日

関連イベント

2019年3月14日 公開共同シンポジウム「島嶼地域における言語研究の可能性と課題」開催

 

【日時】
平成31年3月14日(木) 14:00-18:00
【場所】
沖縄県立博物館・美術館 博物館講座室
【主催プロジェクト】
琉球大学 島嶼地域科学研究所プロジェクト「自立的島嶼社会の創生に向けた『島嶼地域科学』の体系化-島嶼地域研究・教育の拠点形成-」、平成30年度琉球大学学長PIプロジェクト「琉球諸語における『動的』言語系統樹システムの構築をめざして」、JSPS科研費17H06115「言語系統樹を用いた琉球語の比較・歴史言語学的研究」
【使用言語】
英語/日本語(同時通訳あり)

【プログラム】

  • 開会の挨拶
  • ≪講演≫
  • 石原 昌英(琉球大学 地域国際創造学部)
  • 琉球諸語の危機とは?-UNESCOの基準に当てはめて-
  • Assessing Vitality and Endangerment of the Ryukyuan Languages—Applying Factors of UNESCO (2003)
  • 當山 奈那(琉球大学 人文社会学部)
  • 危機言語としての琉球諸語と音声教材の作成―持続可能な研究と実践をめざして―
  • Ryukyuan Languages as Endangered and Creating Audio Texts
  • 狩俣 繁久(琉球大学 島嶼地域科学研究所)
  • 島嶼言語としての琉球語が内包する系統樹研究の可能性
  • The Possibilities of Phylogenetic Tree Studies in Ryukyuan Languages Research
  • Nicholas Evans(Australian National University)
  • A fragile archipelago of worlds : what endangered languages have to tell us
  • たくさんの世界から成り立つ脆弱な列島:危機言語は我々に何を語るか
  • ≪討論≫
  • コメンテイター:長田俊樹(総合地球環境学研究所)

 

others190314-01

others190314-02


TOP