所長あいさつ / From the Director


沖縄から発信する島嶼地域科学


2018(平成30)年4月1日より、国際沖縄研究所は「島嶼地域科学研究所」へと改称いたします。

 

2009(平成21)年の設置以来、国際沖縄研究所は沖縄と沖縄に関連の深い地域に関する国際的・学際的研究を推進し、多彩な研究を展開してきました。そして、これらの地域が抱える諸課題を沖縄の「島嶼性」に依拠するものと捉えることによって、沖縄と地域課題を共有する国内外の島嶼へと研究対象を広げてきました。

このたび、その成果をさらに発展させるべく、国内外で島嶼地域研究に取り組む研究者の方々や大学・研究機関との連携を強化し、より一般化・普遍化された学問体系としての「島嶼地域科学」の確立と発展を目指すため、研究所名を「島嶼地域科学研究所(Research Institute for Islands and Sustainability:RIIS)」と改称することにいたしました。
新たな研究所において展開する「島嶼地域科学」は、一つの島嶼地域課題に「規範科学・経験科学・実践科学」の3方向からアプローチすることを試みます。島々の文化やコミュニティの多様性、海を介した島外との関係性、島嶼に適した社会・経済システムに関する研究等を軸に、理論・実証・実践を伴う研究を推進し、沖縄をはじめとする島嶼地域の自律的・持続的発展に寄与することを目指します。

 

これまで国際沖縄研究所に賜りましたご厚情とご支援に感謝申し上げますとともに、新たにスタートする「島嶼地域科学研究所」に対しましても変わらぬご指導ご鞭撻を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

 

2018(平成30)年4月1日

 

島嶼地域科学研究所
所長 藤田陽子


TOP