2017年5月1日

欧州

フランス領コルシカ島から地中海を望む

コルシカ島はフランス本土から約200km,地中海の中央近くに浮かぶ,全長1000kmを超える大きな島です。2015年12月,コルシカと沖縄の交流に尽力されているDidier Pierrat & Laure de Crepyご夫妻のご協力を得て,コルシカ大学との合同シンポジウムを開催するため,同大学を訪問しました。主に滞在したアジャクシオはナポレオンの生家があることでも有名な町です。歴史的な城郭や建物が近代化された都市とうまく融合し美しい街並みを生み出していました。そこからコルシカ大学を訪ねつつ,Didierさんの故郷であるマリンカという北部の村へと向かいましたが,山の中に点在する集落は,中世の頃で時が止まったような素敵な風景を見せてくれました。どの村も夏のバカンスシーズンには人口が数倍にも膨れ上がるほどの観光客が訪れるそうですが,集落を拡張したり集落以外の場所に新たな建造物をつくったりはしないそうです。昔ながらの生活や景観を大切にするコルシカの人々の心を垣間見ることのできる旅でした。


TOP