2019年4月26日

国際琉球沖縄論集定期刊行物

『国際琉球沖縄論集』 第8号

【研究論文】

言語から考える九州から琉球へのヒトの移動

――語彙と文法から移動の時期を考える――

 
狩俣 繁久 1
沖縄返還と繊維問題とのリンケージ:「糸と縄」の取引はあったのか  
豊田 祐基子,我部 政明 11
宮古語来間島方言における強変化動詞の終止的形式  
アレクサンドラ・ヤロシュ 31
沖縄語宜野座惣慶方言の名詞の格  
ハイス・ファン=デル=ルべ 45

沖縄の国語教師にみる標準語イデオロギーへの葛藤

――Steps for Coding and Theorizationによる分析を中心に――

 
安元 悠子 57

琉球弧における民間治療師の評価に関する研究

――ユタ・ヤブー・ムヌスーなどの知識人類学的研究に向けて――

 
サワトゥキェビッチ・ミハウ・マテウシュ 73
Dependency Theory and the Philippines’ BOP Performance  
Pedro MUNOZ RAMIREZ 87
“The Creation of the Modern States”, Conflicts, and the Escape from the “Imagined Communities”: A Comparative Analysis of “Three Southern Border Provinces,Thailand” and “Okinawa, Japan”  
Tanapat JUNDITTAWONG 99
与那国方言のとりたて  
目差 尚太 119

 

 


TOP