2012年3月30日

沖縄ジェンダー学

平成23(2011)年度成果報告書 『沖縄におけるジェンダー学の理論化と学術的実践―沖縄ジェンダー学の創出』

*本プロジェクトの概要は、「研究プロジェクト」『沖縄ジェンダー学の創出』をご覧下さい

*本報告書をご希望の方は、「お問い合わせ」をご参照の上、ご連絡ください

 

目次

 

プロジェクト概要  
喜納 育江(プロジェクト・コーディネーター) 1
平成23(2011)年度活動報告 4

 

【IIOSレクチャーシリーズ2011】

第1回 トラウマとジェンダー:性的支配を考える  
宮地 尚子(一橋大学教授) 7
第2回 アルゼンチンの沖縄系移民社会における男女イメージの形成過程―歴史的観点からの一考察  
小那覇・マリア・セシリア(ラプラタ大学准教授) 22
第3回 Patterns of Culture in Philippine Textiles  
Norma A. Respicio(フィリピン大学教授) 34
第7回 沖縄で家族法を考える  
 講演会趣旨・内容  
矢野 恵美 (琉球大学准教授) 53
 沖縄と家族(資料)  
宮城 晴美 (琉球大学非常勤講師) 54
 家族法の現代的問題(資料)  
二宮 周平 (立命館大学教授) 59
第9回 目取真俊の「魂込め(まぶいぐみ)」をジェンダーの視点から読む  
スーザン・ブーテレイ(カンタベリー大学准教授) 71
第10回 女性犯罪被害者への支援~フィンランドの専門家教育から学ぶ  

 Working with Victims of Domestic Violence and Sexual Crime in Various Stages of the Legal Process in Finland 

 
Päivi Vilkki (The Federation of Mother and Child Homes and Shelters) 83
 (資料)  
 齋藤 実(弁護士、國學院大學大学院非常勤講師) 91
 (資料)  
 森川 恭剛(琉球大学教授) 92
 講演会趣旨・内容  
 矢野 恵美(琉球大学准教授) 93

 

【国際ワークショップ】

「土着の伝統における女性とジェンダー ~記憶の再継承~」

プログラム 100
開会の辞・基調講演  
喜納 育江(琉球大学教授) 102
男系原理と女性の霊威  
赤嶺 政信(琉球大学教授) 106
ジェンダーからみた近世琉球社会史の試み―家族・夫婦・出産をめぐる権力関係  
豊見山 和行(琉球大学教授) 118
ニューメキシコにおけるインド・ヒスパニック女性―文化、言語、伝統  

エンリケ・ラマドリッド(ニューメキシコ大学教授)

アナ・ノガール(ニューメキシコ大学准教授)

124
インドにおける女性と伝統  
アパルナ・バハッタチャルヤ(ガウハティ大学教授) 139
台湾における先住民女性と伝統  
梁一萍(国立台湾師範大学教授) 150
琉球芸能にみる女方(形)  
大城 學(琉球大学教授) 160

 

【研究報告】

アメラジアンスクールの母親たち―教育と学校選択をめぐる意識を中心に  

野入 直美(琉球大学准教授)

比嘉 康則(大阪大学大学院博士課程)

170
格差に苦しむ子どもたちへの支援―戦後の島マスの実践への考察と国際比較に向けて  
本村 真(琉球大学准教授) 179

 

【学生報告&共催事業】

レスリー・マーモン・シルコウの『儀式』、『ストーリーテラー』、『死者の暦』に見る物語の重要性  
知念 幸見(琉球大学大学院博士課程) 192
“うないからうないへ”―復帰後世代の歴史継承と実践課題  
崎原 千尋(ハワイ大学大学院博士課程、国際沖縄研究所研究支援員) 203
うないフェスティバル2011  
崎原 千尋(ハワイ大学大学院博士課程、国際沖縄研究所研究支援員) 207
沖縄県立博物館・美術館「沖縄から女性美術を考える2」  
喜納 育江(琉球大学教授) 209

 

Appendix

Opening and Keynote Statement of the Project Coordinator Gender Studies in Okinawa: Opening a New Phase of Okinawan Studies at Crossroads between Indigenous and Border Studies  
Ikue Kina (Professor, University of the Ryukyus) 211
The Male Line Principle and Spiritual Power of Women  
Masanobu Akamine (Professor, University of the Ryukyus) 214
A Gender View of the Early Modern Ryukyuan Social History: Power Relations Revolving Around Family, Married Couples and Childbirth  
Kazuyuki Tomoyama (Professor, University of the Ryukyus) 225
Mujerotas: Cultural Memory and Indo-Hispana “Strong Women” of New Mexico  

Anna Nogar (Associate Professor of Hispanic Southwest Studies, University of New Mexico)

Enrique Lamadrid (Professor, University of New Mexico)

230
Women in India and Their Tradition  
Aparna Bhattacharyya (Professor, Gauhati University) 239
Colonization and Resistance over 330 Years: An Overview of Taiwanese Indigenous Women  
Iping Liang (Professor, National Taiwan Normal University) 247
The Onna-kata (Female Role) of Ryukyuan Performing Arts  
Manabu Oshiro (Professor, University of the Ryukyus) 254
Locating Tami Sakiyama’s Literary Voice in Globalizing Okinawan Literature  
Ikue Kina (Professor, University of the Ryuykus) 262

 


TOP