2015年6月18日

沖縄ジェンダー学

2015年7月8日 『Queer Art, Activism & Theory「クイア」を実践するアート』 開催

琉球大学国際沖縄研究所 レクチャーシリーズ2015 第1回

Queer Art, Activism & Theory

「クイア」を実践するアート

 

クイアとは、LGBTとそれに近いジェンダーアイデンティティ全てを総称する言葉です。そして、クイア・アートとは、性的欲求や、社会でつくられてきたものとは合致しないジェンダー・アイデンティティとはどのようなものかを考えるアートのことです。それは、同性間に生じる親密さや性的欲求の存在を認め、LGBTへの偏見、検閲的なまなざし、そして同性愛恐怖症といった社会的反応にも立ち向かおうとします。このレクチャーでは、先鋭的クイア・アーティストのティナ・タケモト先生がLGBTや「クイア」のアートについていろいろなアーティストの作品を通して解説します。学生の皆さんをはじめ、このトピックに興味のあるすべての方々のご来場を歓迎します!

 


 

【日時】
2015年7月8日(水) 15:00-17:00
【場所】
琉球大学50周年記念館(多目的室A・B)
【主催】
琉球大学国際沖縄研究所『沖縄ジェンダー学の創出』プロジェクト
 
*入場無料・先着順

講演者:Tina Takemoto(ティナ・タケモト)

  • Artist, California College of the Arts, Visual Studies (アーティスト、カルフォルニア美術大学准教授)
  • 国際的に作品発表やパフォーマンスを行う。Looking for Jiroはオースティン・ゲイ・レズビアン・フィルムフェスティバル(映画祭)において賞を受賞。マイケルジャクソン及びビョーク・ゲイシャのゲリラ的パフォーマンスを行う。

 

gender150708


TOP