2015年2月18日

中期計画

2015年2月21日 ワークショップ『文化財レッドデータリスト作成に向けて ~評価表からレッドデータリストへ~』 開催

ワークショップ

文化財レッドデータリスト作成に向けて

~評価表からレッドデータリストへ~

 

沖縄県の無形・有形の文化財を保全・継承するには生物の保護活動に成果を上げている生物レッドデータブックにならった文化財レッドデータブックが必要である。国際沖縄研究所では無形・有形の文化財の現状を正しく把握するための文化財レッドデータリストとその基礎となる評価表の作成に向けた作業を進めている。全国的な文化財行政に携わる文化庁伝統文化課の宮田繁幸氏を招き、文化財レッドデータリストとレッドデータブックの可能性と課題について意見を交換する。

 


 

【日時】
2015年2月21日(土) 14:00-17:00
【場所】
琉球大学50周年記念館(多目的室A・B)
【主催】
琉球大学島嶼地域科学研究所 「グローバル社会における主体的島嶼社会創生をめざした総合的研究」中期計画達成プロジェクト(2014年度)
 
*予約不要・参加無料

【プログラム】

  • 報告者
  • 宮田繁幸氏(文化庁伝統文化課 主任文化財調査官)
  •  無形文化遺産保護条約と日本
  •  
  • <関連発表>
  • 狩俣繁久(琉球大学法文学部)
  •  無形文化財(祭祀)のレッドデータ
  • 大城 學(琉球大学法文学部)
  •  無形文化財(芸能)レッドデータ基礎資料

 

mtp150221


TOP