2020年4月1日

人の移動書籍

人の移動と21世紀のグローバル社会 I 『沖縄・ハワイ コンタクト・ゾーンとしての島嶼』

石原昌英・喜納育江・山城新編(2010)『沖縄・ハワイ コンタクト・ゾーンとしての島嶼』彩流社、444p、東京

 

書誌情報等については、彩流社のウェブサイトをご覧ください。

 

*書評

栗山新也・三田牧(2012)「書評 石原昌英・嘉納育江・山城新編 『沖縄・ハワイ―コンタクトゾーンとしての島嶼』」コンタクト・ゾーン、5, 271-277

 

目 次

 

まえがき (石原昌英)

 

序  章 コンタクト・ゾーンとしての戦後沖縄 (山里勝己)

 

第1部 人の移動と言語

第1章 琉球クレオロイドの性格 (かりまたしげひさ)

 

第2章 移民とハワイ・クレオール――言語発達と持続性 (アイリーン・H・タムラ/吉本靖訳)

 

第3章 オラ・カ・レオ――ハワイ語復興における人びと、プログラムおよび進展 (ナオミ・ロシュ/石原昌英訳)

 

第4章 琉球諸語を巡る言語政策――精神の脱植民地化のために (石原昌英)

 

人の移動と言語――まとめ (宮良信詳)

 

第2部 人の移動とアイデンティティ

第5章 踊りと音楽にみる移民と先住民たちの文化交渉の動き――多文化社会ハワイにおけるオキナワン・アイデンティティ創出の揺らぎ (城田愛)

 

第6章 21世紀におけるハワイの人々のアイデンティティを支える共通の絆 (デニス・M・オガワ/山口いずみ訳)

 

第7章 21世紀のグローバル社会における沖縄アイデンティティ (ウェスリー・巌・ウエウンテン/崎原千尋訳)

 

第8章 調査からみた沖縄の若者のアイデンティティ (林泉忠)

 

人の移動とアイデンティティ――まとめ (金城宏幸)

 

第3部 人の移動と環境

第9章 コンタクト・ゾーンとしての保護地域――イースト・マウイ(ハワイ)の事例から (ジョン・キュジック/山城新訳)

 

第10章 明治期沖縄における人の移動と未開墾地の開拓――大東諸島及び石垣島名蔵の開拓をめぐって (仲地宗俊)

 

第11章 USCAR厚生局文書に記録された「比謝川汚染」と「石川ビーチ汚染」――戦後沖縄環境問題における〈汚染〉の構造 (山城新)

 

第12章 台湾人の八重山移住 ――その対立・融和・共生 (石堂徳一)

 

人の移動と環境――まとめ (榎戸敬介)

 

第4部 人の移動とジェンダー

第13章 米国占領下の沖縄におけるジェンダー・ポリティクス (小碇美玲/喜納育江訳)

 

第14章 戦後沖縄の公的コンタクト・ゾーンにおける女性の主体 (喜納育江)

 

第15章 タフな物語――ローカルの沖縄系アメリカ人軍人の男らしさを語る (タイ・P・カウィカ・テンガン/喜納育江訳)

 

第16章 アメラジアンはチャンプルーの構成要素になっているか? (野入直美)

 

人の移動とジェンダー――まとめ (本浜秀彦)

 

第5部 留学――アメリカ班・中国台湾班合同パネル

第17章 留学における「人の移動」と「知の越境」――琉球の官生派遣を通して (前田舟子)

 

第18章 占領下沖縄における米国留学――その政治的意図と主体的意味づけ (前原絹子)

 

第19章 近世琉球の医師養成に関する試論――医道稽古と〈留学〉 (勝連晶子)

 

留学――まとめ〈留学研究というフィールド〉 (波平勇夫)

 
留学――まとめ〈双方向的な文化交流へ〉 (高良倉吉) 

 

 

あとがき (石原昌英)

 


TOP