研究プロジェクト / Research Projects

島嶼地域科学の分野横断型研究展開による国際的共同研究拠点形成(2019~2021年度)

「島嶼地域科学」プロジェクト


<「レジリエンス」と「バイタリティ」に着目した共同研究>

2019年度より、3年間の計画で島嶼地域科学研究所では、文部科学省特別経費プロジェクト「島嶼地域科学の分野横断型研究展開による国際的共同拠点形成」に取り組んでおります。本プロジェクトでは、これまでの取組で体系化した自律型島嶼社会の創生に向けた「島嶼地域科学」及び国 内外の島嶼地域研究機関との連携実績を基盤とし、「レジリエンス」と「バイタリティ」に着目した共同研究を推進し「島嶼地域科学」の国際的共同研究拠点形成を目指します。

これらの目標達成のため、本プロジェクトでは当研究所を始め、琉球大学人文社会学部、国際地域創造学部、医学部、島嶼防災研究センター、熱帯生物圏研究センターの教員で構成される5つの課題別ユニット—「防災」(「人・技術・自然」を効果的に活用する自然災害の防災・減災研究)、「コミュニティー」(コミュニティーにおける記憶の継承の研究)、「軍事基地と環境」(グアムに焦点を当てた軍事基地による環境問題の研究)、「歴史清算」(東アジアにおける沖縄戦の再検証)、「保健」(保険医療人材マネージメントにおける医療システム構築の研究)—による研究体制で、多分野融合型学術分野としての「島嶼地域科学」の構築を国際的に継続していきます。

 


TOP