研究プロジェクト / Research Projects

自律型島嶼社会の創生に向けた「島嶼地域科学」の体系化(H28年度~)

「島嶼地域科学」プロジェクト


<多分野融合型研究による自律型島嶼社会の研究>

平成28年度から、国際沖縄研究所では文部科学省特別経費プロジェクト「自律型島嶼社会の創生に向けた「島嶼地域科学」の体系化―島嶼地域研究・教育の拠点形成―」に取り組んでおります。国際社会において大国や先進国の論理に埋没せず,自らの地域社会に関する意思決定を自らの手で行うことが島嶼地域にとっての喫緊の課題となっている現在、島嶼地域社会の特性や現状を客観的・科学的に分析するための理論的枠組みとしての「島嶼地域科学」の構築,そしてその体系に基づく島嶼地域リーダー養成のための教育カリキュラムの実践が求められています。島嶼地域のニーズに応え,自律型島嶼地域社会創生に貢献するために、本事業では、島嶼・沖縄に立地する総合大学としての人的資源を活かし、多層的・複合的構造を呈する島嶼地域社会の課題に多角的にアプローチする多分野融合型研究を展開していきます。

 

<複数ユニットによる多角的・学際的アプローチ>

先行事業である平成27年度に実施した概算要求事業「現代グローバル社会における自律的島嶼社会モデルの構築と実践-島嶼地域研究・教育の拠点形成-」の成果をさらに発展させるため、本事業では、①対外関係(国際関係や海洋政策,人の移動を軸とした大陸・本土との関係性の研究)、②島嶼経済システム(島嶼地域に特有の条件下での持続的経済と財政の自律性の研究)、③島嶼コミュニティ(コミュニティ基盤型地域づくり及び人材育成方法の研究)、④ダイバーシティ(文化・言語・社会・自然の多様性と固有性を保全・継承・活用する方策の研究)、の4つのユニットによる研究体制を継続させ、各ユニットによる研究成果の統合および事業全体の運営を行いながら、多分野融合型学術分野としての「島嶼地域科学」の構築を目指しています。

 

『自律型島嶼社会モデル』のイベント情報はこちら »


TOP